借りるときの審査

住宅ローンを借りるときの審査

住宅ローンを借りるときの審査は、難しいと言われていますが、きちんと対策をしておけばそれほど心配する必要はありません。
しかし、数千万円という大金を最大で35年間も借りるものなので、ほんのわずかな金利の差でも利息の差が大きく出てしまいます。できるだけ金利の低い住宅ローンを組めるように、できるだけの努力はしておくべきです。
審査で重要になるのは、年収、勤続年数、勤務形態、返済比率、他社からの借入、個人信用情報などです。団体信用生命保険への加盟は必須となっているので、健康状態についても重要です。
土地と建物に抵当権を設定するので、不動産の担保としての価値はある意味で最も重要になります。
お宝物件はあまりありませんが、実際の価値よりも高額な値段がついている物件はありますので、注意をしておくべきです。
ある意味で最も重要なのが、個人信用情報です。過去1年で1度でも延滞をしている人は無条件で落とされることもあります。
延滞はちょっとしたうっかりが原因となっていることもあるので、注意しておきましょう。

中古一戸建て住宅の住宅ローンを組みたいのなら

中古一戸建てを購入する場合には、およそ8割の人は住宅ローンを組んでいます。
では、住宅ローンを組みたい場合には、どのようにすれば可能になるでしょうか。
まず、住宅ローンの審査を通ることがローンを組む上で必要になります。審査を通るためには、経済的信頼が必要です。つまり、現在金銭面で不安がないことが必要なのです。
不安がないというのは、審査の段階で全く借入れをしていないことです。
例えば、車のローンが後10万円残っているとすれば、借入額が10万円減ってしまうかと言えばそんなことはなく、審査自体に通らなくなります。
最近はスマートフォンや携帯電話の分割払いについても厳しくなっており、たとえ後3千円分の支払いが残っている場合でも、借入額が50万円ほど減らされてしまいます。
ローンの審査を有利に通したいのならば、他のローンを完済してから半年後ぐらいに審査を通すことです。
ローンを完済した次の日に審査をお願いしても、まだ完済した結果が反映されていない可能性があります。そのため、半年ぐらいの期間は必要です。

おすすめWEBサイト 5選

塾を長野で検討

Last update:2018/8/10